世界は狙われているんだよ!
もし、「できない!」「無理だ!」「恐ろしいことが起きる!」といった自分の中の「つぶやき」に心を占拠されそうになったら、耳に入ってくる一番遠い音または一番小さな音に、あるいは、踏み占める足のうらの感覚に、頬にあたる風の冷たさに、意識を移してみるといい。これは、素振りのように、普段から心がけて練習できる。最初のうちは間に合わず、我を失ってしまうだろうが、何度か失敗しているうちにできるようになる。
アメリカのみならず、日本でもヒットしたこの作品は、シリアス/コミカルの両分野にわたって社会的な影響をもたらした。特にコミカルの分野で、このタイトルをもじった以下のようななぞなぞが流行した。
問・カモメが百羽います。一羽はカモメのジョナサン、では残りは?
答・カモメのミナサン。
このなぞなぞの回答をタイトルとして、1975年5月、放送作家の奥山侊伸が「かもめのミナサン」というエッセイ集を立風書房から出版している。
yellowblog:

Twitter / fluor_doublet: 「100人乗っても大丈夫!」の CM で知られる I 社の物 …
「100人乗っても大丈夫!」の CM で知られる I 社の物置を買ったら、取説に「屋根に乗ったり載せない!」と禁止事項が書いてあって、裏切られ感ハンパない。

yellowblog:

Twitter / fluor_doublet: 「100人乗っても大丈夫!」の CM で知られる I 社の物 …

「100人乗っても大丈夫!」の CM で知られる I 社の物置を買ったら、取説に「屋根に乗ったり載せない!」と禁止事項が書いてあって、裏切られ感ハンパない。

wtwtare:

Otter

wtwtare:

Otter

なんで、炭は「自然に帰らないのか?」。ここで炭とは何か、思い出してみましょう。炭は、木などを蒸し焼きにして炭化させたものです。炭化すると、ほぼ炭素の集まりになります。成分だけでいうと、グラファイトとかダイヤモンドと同じですね。

炭素は元素の1つです。元素ということは、それを分解しても、別のものに変化しないということですね。砂もほとんどがケイ素でできていて、ずっと変化しません。それと同じで、炭素はそれ以上変化しない物質なのです。太古の火事のあとがそのまま地層にのこっちゃうくらいですからね。っていうか、石炭なんか何億年残っているわけです。

だから、炭で汚したら、それはそのまんま残ります。それをアートにしたのが「水墨画」であり「書道」ですよね。ものすごい大昔の「書」がそのままのこる。炭は安定している強力な物質なんですね。

kamina3399:

U wanna go m8

kamina3399:

U wanna go m8

今までで学んだ一番重要な教訓はなんですか?

— 「心が折れそうな時は大体寝不足」


類語に、「機嫌が悪い時は大体空腹」もあります。
https://twitter.com/hirokiarato/status/430871799702638592

夜行バスに乗って自分に全く縁の無い土地へ行く途中、朝の4時位に休憩で止まるパーキングで夜がうっすら明けて行くのを見ながらここにはもう二度と来ることはないだろうと考える瞬間は何物にも代え難く尊い